トップ >  メンバー紹介 > メンバー個別ページ

永原陽子

Nagahara yoko
(教授)

私はアフリカ大陸の南部(南アフリカとその隣のナミビア、そしてそれにつながるボツワナ、アンゴラなどにまたがる地域)の歴史について勉強しています。不思議な動植物に出会うことのできる場所としてテレビなどにはたびたび登場しますが、この地域の歴史は、多くの人にとってほとんど馴染みのないものでしょう。
 サハラ砂漠を縦断する交易をつうじてアラブ・地中海世界とつながっていた北アフリカ、インド洋交易をつうじてアラビア半島、インドそして遠く中国ともつながっていた東アフリカ、奴隷貿易によってヨーロッパ・南北アメリカと深いつながりをもった西アフリカなどとは異なり、南部アフリカが外部世界と交渉をもつようになったのは、比較的新しい時代です。そのためとくに19世紀以降、南部アフリカの社会はきわめて濃縮された形で植民地主義を経験し、植民地宗主国との関係にとどまらず、遠く東アジアなどを含む「世界」との関係の中に一挙に放り込まれました。
 そのような時代の南部アフリカ社会の変容を人々の生活に即してとらえ、今日あるような国家や民族の関係が成立してくる事情をあとづけ、それをつうじてアフリカの人々が「世界史」のどのような主体であったのか、アフリカから見た「世界史」とはどのようなものかを理解し、描き出すことが私の研究の目標です。


<主要業績>
永原陽子、富永智津子編『新しいアフリカ史像を求めて―女性・ジェンダー・フェミニズム』御茶の水書房、2006年.
永原陽子編『「植民地責任」論―脱植民地化の比較史』青木書店、2009年.
永原陽子編『生まれる歴史、創られる歴史 ― アジア・アフリカ史研究の最前線から』刀水書房、2011年.