トップ  > 活動内容 2010年度 > 活動内容詳細

The Life and Times of Sara Baartman〔サラ・バールトマンの生涯と時代〕上映会

講演者:

解説:永原陽子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)


日時: 2010年10月25日(月)18:15~20:15
場所: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所大会議室(303)

公開セミナー
The Life and Times of Sara Baartman〔サラ・バールトマンの生涯と時代〕(南アフリカ,1998年,英語,52分)上映会


今からちょうど200年前、南アフリカの先住民コイコイの女性サラ・バールトマンがヨーロッパに連れて行かれました。サラは「ホッテントット・ヴィーナス」としてロンドンやパリの見世小屋にかけられました。死後は解剖され、脳と女性器がホルマリン漬けにして保存され、骨格標本・蝋人形とともにパリの博物館で1970年代半ばまで展示され、その後も保管されていました。この公開セミナーでは、南アフリカの映画監督ゾラ・マセコ(Zola Maseko)が製作したサラ・バールトマンの生涯に関するドキュメンタリーThe Life and Times of Sara Baartmanを上映しました。